おすすめの英語教材や英語・英会話の勉強法をまとめて紹介するサイト

リッスントーク

英会話の強化に特化した英語教材、リッスントークをサイト管理人の私が試してみました。

リッスントーク体験レポート

リッスントークの教材画像
リッスントークの教材画像
ストーリー仕立てでとっつきやすい印象。
ン十年ぶりの英語学習でも
スラスラ進められました。

リスニングとスピーキングを同時に勉強できるというリッスントーク。その効果はどのような物か、レポートします。

教材が届いて箱を開封すると、出てきたのは8枚組のCDと2冊のテキスト。共に「国内編」「海外編」となっており、それぞれにストーリーが仕立てられているのが特徴的です。

音声CDはネイティブの会話スピード以外に、英語初心者の日本人が置いてきぼりにされないように、ゆっくり・はっきり聞き取れるスピードでも再生できます。

リスニング教材の中には、「英語が多く聞ける!」と謳って、ネイティブ以上のスピードで音声が再生されるものがあります。私個人としては、英語初心者にはおすすめできません。何より、耳が英語に慣れる前に挫折してしまうでしょう。

その点、リッスントークであれば音声の再生スピードを自分のレベルに合わせて2段階に調整できるので、おすすめです。

リッスントークのもう1つの特徴として「日本語で英語の意味を理解する」方式をとっている点。英語は英語で理解すべき、という意見があればリッスントークのような考え方もあります。リッスントークの場合、脳科学的なアプローチから日本語で英語の意味を理解できるようなアプローチが取られています。

リッスントークの教材画像
リッスントークのテキスト
挿絵が付いていて非常に分かりやすい!

音声を聞いてみると非常に聴きやすく覚えやすい内容で、リスニングが苦手な人でも無理なく続けていけるでしょう。私自身はやりやすいと感じました。さすがに英文法の勉強には向いていませんが、聞き流し系教材で挫折した人で、再度聞き流し系の英語教材にチャレンジしてみたいと考えている方にはおすすめです。

リスニングの場合は英語→日本語の順番で音声が流れるのですが、スピーキングの場合、日本語→英語の順番でトレーニングをしていくのも特徴です。

また印象的なのが本来はあるはずの音が消える「リダクション」と、前後の単語の音がつながってひとつの音になる「リエゾン」の区切りも理解しやすい内容になっています。

ですので、初心者でもスピーキング練習が苦にならない英語教材と言えます。ただし、文法系の勉強やリーディング、ライティングのスキルアップを目指せるものではないので、資格系の勉強にはあまり役立たないかもしれません。

管理人が試した英語教材
リッスントークで英語レベルをアップさせる!

免責事項

このサイトは自宅で学習できる英語教材を個人的に探して、調べた結果をまとめたものです。
価格や教材の内容は2016年2月時点のものなので、申し込む前に各教材の公式サイトで必ず内容をご確認ください。

PAGE TOP