おすすめの英語教材や英語・英会話の勉強法をまとめて紹介するサイト

聞き流し英語教材は効果がある?

近年需要が伸びている「聞き流し英語上達法」は本当に効果があるのでしょうか?

聞き流し英語の実力とは?

ここ数年、テレビCMや雑誌などで聞き流すタイプの英語教材が紹介されています。これらの商品では「聞き流すだけで英語が上達」「毎日5分聞くだけ」「難しい文法の勉強は必要ない」など、英語に慣れていない人、上達させたい初心者にとって夢のような言葉が並んでいます。では、実際の効果はどうなのでしょうか?

有名な聞き流し英語教材の評判や商品レビューを見ると、良い反響もあれば悪い反響もあり、パッと見では判断がつきません。ただ、評判をまとめると「自分には合わなかった」というのが大勢のようです。

落ち着いて考えてみると、いくらネイティブの発音とはいえ、ただ聞き流すだけで頭に残るかというと、少し疑問が出ます。というのも、繰り返し聞いても基礎的な知識が無ければ、単語レベルでしか理解できず、英語力が上がったとは言えません。

だからといってCMが全て嘘かと言うとそれもまた間違い。少なからず効果を感じている人もいるのです。そこで、聞き流すタイプで英語力が上がるケースはどのような場合が考えられるか、改めて考えてみました。

インプットの後はアウトプットが必要

言葉を学ぶためにはインプットだけでは完結しません。「読む」「聞く」だけができても、正しく伝えられなければ「言葉」の意味がありません。口からのアウトプット(話す)、手によるアウトプット(書く)も併せて行うことで、ようやく「言葉」の意味を理解できるのです。

では、聞き流し英語教材を使って英語力が付いているケースとは、どんなものか。それは、聞き流しているのではなく、英語を聞いた上でその内容をメモするなり、口ずさむなりしているということ。

こうすれば聞き流すだけと言いつつも、英文のリスニング能力を向上するトレーニングの一環になります。ただしリスニング能力を上げるためのトレーニングであっても、文法や単語の基礎的な知識が必要なため、学生以来、英語に触れていないという人には向きません。

また、中級者でも場合によっては効果が低いものがあります。それは、聞き流し教材に良くある「英語音声の後に日本語の和訳が流れる」場合の話。英語の意味を日本語に変換する余裕なく対訳が耳に入ってきてしまうので、日本語だけが頭に残ってしまって英語能力の向上にはつながりにくいのです。

これから英語を身に付けたい人であれば、教材選びが重要ということがご理解いただけましたでしょうか。

免責事項

このサイトは自宅で学習できる英語教材を個人的に探して、調べた結果をまとめたものです。
価格や教材の内容は2016年2月時点のものなので、申し込む前に各教材の公式サイトで必ず内容をご確認ください。

PAGE TOP