おすすめの英語教材や英語・英会話の勉強法をまとめて紹介するサイト

ビジネス英語編

日本人がビジネスシーンで使ってしまいがちな、間違った「ビジネス英語」をピックアップ。

ビジネスシーンで使う英語間違ってませんか?

我々日本人が良くする間違い表現として、ビジネスシーンで登場する和製英語や英語以外の外国語を英語のように使用することです。ネイティブスピーカーが理解できないだけでなく、なかには性差別につながる表現もあります。

ビジネスシーンでは日常会話以上に正確な表現を求められます。間違えやすい英語表現をいくつかピックアップしました。

日本人が間違いやすい英語表現

和製英語

  • サラリーマン
  • OL

最近では「ビジネスパーソン」という言葉が浸透してきていますが、未だにこの表現が用いられているところもあります。これらは日本独特の造語であり、男性もしくは女性限定の表現なので、性差別につながりかねません。

このような場合office workerや職業を表す言葉で表現するのが本来の表現です。さらにノートパソコンも和製英語。英語ではLaptop computerと表現します。

親切な同僚に

  • It’s so kind of you.
    (なんて親切なんだ)

仕事を手伝ってもらった後、日本語では「ありがとう」の他に、「親切にどうも」という表現を良く耳にします。

ただ、英語圏の人達は「親切」で仕事を手伝うのではなく、「良い働きぶり」を見せるという考え方が一般的。そのため英語でお礼を言うときは以下のように話しましょう。

  • You’ve done an amazing job!
    (なんて素晴らしい働きぶりなんだろう!)

社外からの電話に

  • He already left office.
    彼はもう退社してしまいました。

「今日は仕事を終えて帰った」というニュアンスで伝えたつもりが、この表現では退職という意味にとられてしまいます。相手も突然の退職と思いビックリしてしまいますね。帰ったという意味で伝える場合は、次のように話しましょう。

  • He already leave the office.
    彼はもう帰りました。

和製英語に気をつけよう

現代の日本人は気づかないうちに和製英語を使っていることが多々有ります。そこにネイティブの人がいると英語を駆使しているつもりでも、伝わっていない場合があります。

場合によっては失笑されてしまいますので、正確な英語を使うように心がけましょう。

免責事項

このサイトは自宅で学習できる英語教材を個人的に探して、調べた結果をまとめたものです。
価格や教材の内容は2016年2月時点のものなので、申し込む前に各教材の公式サイトで必ず内容をご確認ください。

PAGE TOP