おすすめの英語教材や英語・英会話の勉強法をまとめて紹介するサイト

スピーキング・発音

英語と日本語の発音の違いやスピーキング上達のコツを紹介しています。

上達のコツは?英語の発音

多くの日本人は英語の発音(スピーキング)にとても苦戦します。例えば、朝の挨拶で使用する”Good morning”を例にとってみても、発音の仕方次第で全然伝わらないケースがあります。対面していれば状況が分かるので内容を察してくれるかもしれませんが、できれば挨拶くらいはしっかりとした発音でしたいものです。

この単語を敢えてカタカナで書くと「グッドモーニング」や「グッモーニング」といったように表記されますが、これを日本語の発音で読んでしまうと英語圏の人には伝わりません。所謂「カタカナ英語」が発音の上達を妨げる要因の1つとも言えます。

カタカナ英語の発音を避ける

英語の発音はカタカナやローマ字で正確に表すことはできません。”これ”などを表す代名詞”This”を日本語風に”ディス”と読んでしまうと語尾に余分な母音である”ウ”が入ってしまいます。”This"の発音表記は”ðís”。語尾は子音で終わっています。しかし、日本人が”This”の”s”を発音するとき”ス”としっかり音声として口に出すと”ス(su)”となってしまい最後に母音の”u”が入ります。

このことから、英語の発音上達のコツはカタカナ英語を忘れ、中学1年生で学ぶような簡単な英語でも、発音記号を意識しながらの訓練あるのみ。

同じ言葉でも日本語と英語の発音は全然別物です。日本語で”ア”と表記できる英語の発音は6種類もあります。これだけ違うことを念頭に置いて発音を練習しましょう。

アクセントの位置を意識して発音する

日本人が話す英語と英語圏の人が話す英語を聴き比べると、強弱のつけ方が全然違うと言われます。日本語を口に出すとあまり単語内で強弱をつけるケースが少なく、文章内で強調したいときにアクセントの強弱がつくことが多いです。

英語の場合は単語内でアクセントがついているケースが多いです。日本語の標準語と方言でイントネーションに違和感を感じるのと同じように、英語でもアクセントをしっかり意識して発音しないと違和感が出てしまいます。

ずっと日本語で過ごして日本語で話している人こそ、発音やアクセント、発音記号を見ながらイチから訓練することが、スピーキングや発音を上達する秘訣と理解しましょう。

免責事項

このサイトは自宅で学習できる英語教材を個人的に探して、調べた結果をまとめたものです。
価格や教材の内容は2016年2月時点のものなので、申し込む前に各教材の公式サイトで必ず内容をご確認ください。

PAGE TOP