おすすめの英語教材や英語・英会話の勉強法をまとめて紹介するサイト

第一習得言語と第二習得言語の違い

日本人が英語を身に付ける際に意識したい上達のためのコツを紹介しています。

英語上達のコツ:第二言語の習得法

人間が話す言語の中で、第一習得言語と第二習得言語の違いをご存知でしょうか。第一習得言語とは母国語のことを指します。例えば、両親が日本人で日本に生まれた子どもは、日本語を第一習得言語とします。子ども自身は日本語を第一習得言語とするべく、意識して勉強するわけではなく、両親や周囲の環境に影響を受けて、徐々に日本語を身につけていきます。

一方、第二習得言語は母国語がアイデンティティとして確立したうえで、勉強して新たに身に付けた言語をいみします。

例外として、国際結婚によって両親がそれぞれ違う言語を話したり、両親の母国語と生まれた国の公用語が違ったりする子どもの場合は、第一習得言語と第二習得言語をほぼ同時期に身につけることになります。

大人と子どもで違う第二言語の身に付け方

日本語を公用語とする環境で育ち、日本語を母国語としている大人が第二言語を習得するためには、ものすごく労力がかかります。よくあるケースとして、仕事のために急遽、本格的に英語を学び直すものの、結果として全く英語が身に付いていないことが多々あります。

子どもよりも多くの知識や単語を知っているはずなのに、通じる英語を話せません。ましてや、単語を並べただけでは、スムーズな会話は成り立ちません。大人の場合、日本語をベースとした思考回路が完成しているために、インプットもアウトプットも意識して日本語から英語、英語から日本語に単語・文法・音を言語変換します。

この言語変換のために必要な日本語と英語とを、頭の中で照合する作業に労力がかかります。

ところが母国語(日本語)を身につける前の乳児期に第二言語として英語を習得すると、英語での思考も確立されていくため、照合作業が必要ありません。そのため、母国語を覚える感覚で英語を身につけることができます。

ただし、日本語と英語の照合作業が乳児の段階ではされておらず、英語なら理解できるが日本語は理解できないというように母国語が定まらないケースも出てきます。

母国語は自分のアイデンティティと密接につながるため、乳児の段階で第一言語と第二言語を習得させることには慎重になる必要があります。

大人の第二言語習得方法

無意識では英語と日本語の照合ができない、照合に時間がかかる大人は、聞く・考える・話すを第二言語で行う訓練が必要になります。英語で書かれている文章から自分が興味のある分野の記事探してきて読み込む、構文やよく使う表現、文脈を暗記するなど無意識で考えられるようにする必要があります。

子どものように、第二言語の環境にいれば身につくということはありません。大人は大人の勉強法を実践していきましょう。

免責事項

このサイトは自宅で学習できる英語教材を個人的に探して、調べた結果をまとめたものです。
価格や教材の内容は2016年2月時点のものなので、申し込む前に各教材の公式サイトで必ず内容をご確認ください。

PAGE TOP