おすすめの英語教材や英語・英会話の勉強法をまとめて紹介するサイト

上達にはやり方がある

初心者が英語学習で躓く理由や上達のコツを紹介しています。

英語学習で初心者がつまずくこと

毎日、一生懸命、勉強しているにも関わらず、英語能力が上達しないと感じている人が沢山います。単語や文法はしっかり勉強して読み書きには困らないものの、ネイティブスピーカーの前では言葉が全く出てこない。こんな体験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

言葉が出てこない人が頭の中で考えていることは、「上手く伝わるか心配」「間違って伝わってしまったらどうしよう」「発音に自信がない」といったことが挙げられます。つまり精神的に英語は苦手と思ってしまっていることが上達を妨げているのです。

読み書きのテストは勉強した分だけ成績に繋がります。ただ、話す・聞くことに関しては、机に向かって勉強するだけでは上達しません。構文通りではない砕けた英語やスラングも、会話の中には出てきます。では、「英語を話す・聞く」を上達させるためには、どうすれば良いでしょうか。

英語上達のコツは量をこなして慣れること

忙しい現代人にとって、少ない勉強時間で効率的に上達したいと考えるのが普通です。しかし、話す・聞くに関しては読み・書きで得た知識をベースとして、とにかく量をこなすしかありません。

例えば会議でプレゼンする前に、上手くできるよう事前に準備をして臨みますが、それだけではプレゼン能力は向上しません。英語もプレゼンと同じく、知識や準備に加え経験が必要となるのです。

母国語である日本語のプレゼンテーションですら事前準備が必要なのに、慣れない英語を使ってのコミュニケーションはより難しいもの。会話はその場その場で話題が展開することから、瞬発力が必要ですので、会話の展開やスピード感についていくためにも、会話をとにかく経験することが上達のコツと言えます。

相手の文化を知ることも重要

英語圏の人は自分の意見を持ち、ハッキリ主張する傾向が強いと言われています。また、日本と比べ宗教的・人種的な多様性があります。

これまでの価値観や文化とのギャップから、英語が出てこないと壁にぶつかることもあります。相手の文化に興味を持ち、知ることによって相手のバックグラウンドを理解することで、相手が発する言葉の文脈も理解できるようになって、より英語の理解も深まるでしょう。

免責事項

このサイトは自宅で学習できる英語教材を個人的に探して、調べた結果をまとめたものです。
価格や教材の内容は2016年2月時点のものなので、申し込む前に各教材の公式サイトで必ず内容をご確認ください。

PAGE TOP