おすすめの英語教材や英語・英会話の勉強法をまとめて紹介するサイト

リスニング(ヒアリング)

英語上達のためのリスニング学習法を紹介します。

リスニングは音を意識した学習法が上達の近道

リスニングの勉強に必要なのは、リスニング用の教材を用意することです。英語に慣れるためには英語ニュースを聞き流す勉強法が良いと言われますが、より確実に上達を目指すのであれば、専用の教材がおすすめ。教材は内容がある程度理解できる文章レベルかつ、ネイティブと同じスピードで読み上げてくれる物を選びましょう。

ちなみに、英語の後に日本語を読み上げるタイプの教材を使うと、英語を聞きながら日本語で意味を考えてしまうのであまりおすすめできません。リスニング能力上達のためには、英語を聞いて英語で意味を理解する必要があるからです。

ある程度理解できる英文教材を使うことで、わからない単語でつまずくこともなく、本場の英語を集中して聞くことができます。くれぐれも英語を日本語に変換しないよう意識しましょう。

ゲーム感覚のリスニング学習法

英語のリスニング中に頭の中で日本語に変換してしまう、知らない単語でひっかかりその前後の英単語を聞き逃してしまう。そのような悪い癖がついてしまっている人には、ゲーム感覚のリスニング学習法がおすすめです。

有名な勉強法として、文章内にいくつ英単語が入っているのかを聞きながらカウントする勉強法です。日常会話では滅多に使わない文章ですが、This is a pen.という文章を何も見ずにリスニングするだけで英単語がいくつ使われているかを答える勉強法です。

上記の文章では4つの単語が使われていますが、リスニングで”a”のような冠詞をしっかり聞き取ることができれば、比較的、リスニング脳力が高いと言えるのではないでしょうか。

実際にはThis is a pen.のように教科書でしか目にしない英文ではなく、日常会話で冠詞を含め単語数をしっかりカウントできるようにトレーニングを続けていきましょう。

リスニング勉強でつまずくポイント

同じ人間が使う言語とはいえ、日本語と英語は全く別物です。発音やリズム、文法ルール、そして何より周波数が全く違います。そのため、日本語を母国語にしている日本人が、意識せずに英語を聞いてもハッキリとは聞こえません。

つまり、「聞き流す」勉強法だけでは、英語を話している声自体が聞き取れないために、中々上達に繋がらないのです。

音を意識して英語特有のリズムを身につけ、さらに英語を変換せずに英語のまま意味を理解できれば、リスニング力が上達している証拠です。まずは自分にあったレベルのリスニング教材を探しましょう。

免責事項

このサイトは自宅で学習できる英語教材を個人的に探して、調べた結果をまとめたものです。
価格や教材の内容は2016年2月時点のものなので、申し込む前に各教材の公式サイトで必ず内容をご確認ください。

PAGE TOP