本気で身に付けたい人の英語教材カタログ

おすすめの英語教材や英語・英会話の勉強法をまとめて紹介するサイト

忙しい社会人のための英語教材ガイド

皆さんこんにちは。私は会社方針で英語習得が必要になった会社員です。
お恥ずかしい話ですが、高校卒業後は英語に関して一切の勉強をしてこなかったので、この話を聞いた時には頭が真っ白になりました。
どうやって英語を習得しよう、英会話スクールに通う時間は無いしなぁ……と思っていたところに、音声CDやテキストを使った英語教材があることに思い至りました。
同じように悩んでいる方の役に少しでも立てればと思い、このサイトを作った次第です。ぜひ参考にして、効率的な英語学習を進めてください。

人気の英語教材を比べてみました!

私たち日本人が英語を勉強する環境は色々用意されています。英語の通販教材だけでも、テレビCMやインターネット広告でよく見かけるものがあれば、広告を全くやっていない知る人ぞ知る教材もあります。

「どれも大差無いだろう」と名前を知っている教材をとりあえず選んだ結果、英語能力が向上しなかったという悲しい話も聞きます。本気で英語を身に付けるためにも、失敗しない英語教材選びをしなければなりません。そこで、私が調べた人気の英語教材を比べてみました。

30日間英語脳育成プログラム

30日間英語脳育成プログラム

初級編
19,500円(税込)

今回調査した中で、言語学博士が開発から携わった唯一の教材。
言語学に基づいた学習・習得理論を用いており、受講者の9割以上が「2週間で英語が分かるようになった」と効果を実感しています。

公式サイトへ

YouCanSpeak

YouCanSpeak

1年 定価
49,800円(税込)

全発想領域カバー型アプローチで、同時通訳者と同じプロセスを使い、自分が言いたいことが英語で言えるようになります。
スピーキングに特化しており、ゲーム感覚で学べる点が好評を集めています。

公式サイトへ

リッスントーク

リッスントーク

定価
28,800円(税込)

日本語を意識したトレーニング法で、旅行から仕事までネイティブの音声を真似るだけで英語が身につく教材です。
リスニングとスピーキングを分けて学習することで、英語能力の向上が図れます。

公式サイトへ

英語教材についてもっと詳しくみる

英語教材の
体験レポート

日本国内で売られている日本人向けの英語教材は、非常に数多く出回っており、公式サイトでは「この教材で英語が得意になりました!」と言うような声も多数紹介されています。ですが、このようなサイトでは、悪い評判は一切書かれておらず、疑り深い人であれば本当に効果があったの?と思ってしまうかもしれません。

やはり、効果があるかどうかは自分でやってみないと分からない、と思ったので、いくつかの教材を試してみました。その結果を紹介しています。

30日間英語脳育成プログラム

30日間英語脳育成プログラム

英語初心者にはぴったりと評判な30日間英語脳育成プログラム。言語学をもとに開発された教材。
しっかりと形式だって構成されています。

YouCanSpeak

YouCanSpeak

YouCanSpeakはスピーキングのトレーニングを中心にやりたい人にはピッタリの教材。
インターネット環境があればどこでもトレーニングできます。

リッスントーク

リッスントーク

リスニングとスピーキングを一緒に勉強できるとして評判の英語教材。
「日本語で英語の意味を理解する」方法が取られています。

【番外】メジャーな英語教材

スピードラーニング

スピードラーニングは良くも悪くも多くの評判があがってる注目の教材。
「聞き流すだけで大丈夫」というこの教材だけで英語能力は上達する?

TOEIC徹底攻略
マニュアル

TOEICは年間通じて11回と、定期的に開催されており、全国70会場で実施されています。社会人や学生を中心に、「英語資格と言えばTOEIC」という考えが主流になりつつあります。
企業の昇進や入社条件にもTOEICスコアを求める傾向があり、今後は避けて通れないテストと言えるでしょう。

簡単レベル診断

TOEICリーディングで出題される問題に挑戦。
自分のレベルを確認しましょう。

メリット

TOEICでハイスコアを獲得すると、仕事の幅が広がり昇進の機会に巡り合う等メリットがあります。

試験要項

TOEICテストの概要や試験の実施スケジュールをまとめました。また、テストの形式も紹介しています。

効果的な勉強法

TOEICテストには独特な言い回しが登場します。高得点を狙うために必要なこととは?

リスニング攻略法

TOEICで重要視されるリスニング。高スコアを生むための2つのトレーニング方法とは?

TOEIC以外の資格

英検やTOEFLなど、英語に関する資格検定が他にもあります。本当に必要な資格を見極めましょう。

英語上達のための学習法

英語以外の言語を母国語としている日本人にとって、英語の習得はかなりの難関。私たちが日本語を習得したのとは全く違うアプローチが必要です。

上達にはやり方がある

毎日勉強しても英語が身に付かない!という悩みを解決する方法を紹介しています。また、上達に必要な心構えも解説。

第一習得言語と第二習得言語の違い

英語に限らず、母国語以外の言語習得法や効果的な上達法を紹介しています。大人と子どもで違う言語習得のプロセスも解説。

スピーキング・発音

日本人にありがちな「カタカナ英語」をやめて、ネイティブの発音に近づけるコツや、簡単な上達方法を紹介しています。

リスニング(ヒアリング)

リスニング能力を向上させるために有効な学習法とは?効果的な英語教材の選び方も併せて紹介しています。

英会話

英会話を上達させる学習法を紹介しています。中学・高校での英語学習法との違いや、すぐに上達するコツまとめました

リーディング・ライティング

英語のライティング能力やリーディング能力を向上させるためのコツを紹介しています。ネイティブに好まれる英文の書き方とは?

英語教材の効果
Q&A

「聞き流し」は効果ある?英語教材の料金相場は?オンラインスクールを利用するべき?気になる部分を解説します。

オンライン英会話とどちらが良いの?

英語教材の効果Q&Aについて詳しく見る

ネイティブはつかわない!間違いやすい英語

日常会話編

「教える」を英訳する際に機械的に「teach」を使っていませんか?実は同じ意味を持つ単語でも、場合によってはニュアンスが全然違って伝わってしまいます。
「授業で教える」場合であれば問題ないのですが、携帯電話の番号を「教えて」もらう場合、「teach」はふさわしくありません。
この使い分け、みなさんわかりますか?

ビジネス英語編

ビジネスシーンでも多く使われている横文字。英単語をそのままカタカナに直したものの他に、和製英語や英語以外の外国語から派生している単語が数多くあります。
他にも意図せずに使っていると、実は性差別的な表現だった……ということも。
ネイティブスピーカーとの会話で不信感を与えないためにも、間違いやすい英語をチェックしましょう。

免責事項

このサイトは自宅で学習できる英語教材を個人的に探して、調べた結果をまとめたものです。
価格や教材の内容は2016年2月時点のものなので、申し込む前に各教材の公式サイトで必ず内容をご確認ください。

PAGE TOP